す〜GのRCラボ

MC-32で発生する遅延は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様からの問い合わせです。

「MC-32は良いんだけど、遅延が心配なんだよねー」
むむっ!鋭い!
では今回も答えから先に。
たぶんこの遅延を体感できる人は、地球人ではありません。(笑)

基本的に電子機器は何か一つでも挟むと遅延が発生します。コンデンサを一個だけ使った回路でもこれは避けられません。
ただし、通常の2.4GHz送信機のパケット送信タイミングは10mSec.~20mSec.
ちなみにmSec.は、1秒の1000分の1を表す単位。
これに比べてなんとMC-32で予測される最大遅延は数μSec.

μSec.はmSecのさらに1000分の位1、なんと百万分の1秒というものすごい単位。
パケット送信の抜けが常時発生している現状の2.4GHz送信技術からすれば、一回のパケット抜けでMC-32の遅延の1000倍以上の遅延が発生していることになります。
恐ろしい話ですが、有名メーカーの送信機でもこのパケット抜けは頻繁に発生しています。

だからこの差はほぼ無視してもいいのかなぁ・・・と。(だめ?)
なんだか言い訳じみてしまってしまいましたが、それでも遅延ゼロを目指すのが当社の役目。
これからも「ありそうでなかった」製品をリリースしていきますので乞うご期待です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加