フライトモードの簡単アナウンス機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DUPLEXの内臓ジャイロを使って現在のフライトモードを読み上げ機能を起動してみましょう。


緊張して、今どのモードを使っているのかわからなくなった事ってありませんか? (ちなみに私はしょっちゅうです・・汗)
JETI DUPLEX送信機には6軸ジャイロが搭載されています。(DS-14はオプション)
今回はちょっと手前に送信機を傾けると現在のフライトモードを再生してくれるように設定してみます。

基本の機能だけで設定できますので、特に用意するものはありません。
注意:すでに「前後に傾ける」動作を他の機能に割り当てている場合は、他の動作を割り当ててください。

(設定)
設定済みの機能への影響はありませんので、早速設定に進みましょう。

名称未設定-9Fine Tuning > Flight Modes
作成済みのフライトモードのいずれかにカーソルを動かすと、F4(工具のマーク)が有効になります。

 

 

 

 

 

JETI_フライトモード読み上げ2F4を押すと画面が変わります。

この画面のAnnounce current flight mode(アナウンスカレントフライトモード)スイッチにGY(前後に傾ける)を割り当ててください。

どうです?
送信機をちょっと傾けると、現在のフライトモードが読み上げられます。
簡単に設定できるし、まだ日本では馴染みのない機能ですからフィールドでも注目を浴びるかも?
それでは楽しいフライトを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す