JETI F3B セットアップガイド

このセットアップガイドは一般的なF3B競技機のセットアップについて説明しています。
例として2エルロン、2フラップ、Vテールの[Stinger]を取り上げてみました。

基本設定

  1. Model > New Model
    まず新規モデル作成を行います。
    名前を入れて、タイプ(飛行機)を選択します。入力したらF5(Next)を押して次に進みます。
  2. Basic Properties(ベーシックプロパティ:基本設定)
    ここでは図のようにウイングタイプ、テールタイプを選択し、Number of motors(ナンバーオブモーター:モーターの数)、Brakes(ブレーキ)などはゼロを設定してください。入力したらF5(Next)を押して次に進みます。
  3. Functions Assignment(ファンクションアサインメント:機能割り当て)
    それぞれの動翼に対応する送信機のコントローラーを割り当てて行きます。
    Flaps(フラップ)には自動でコントローラーが割り当てられていますが、これは別メニューで設定を行いますので、ここでは割り当てを取り消しておいてください。
    画面ではP6(左スライダー)を追加しています。これは後ほど追加のサーボチャンネルとして使用するか、もしくはミキシングのマスターとして使用するためです。
    入力したらF5(Next)を押して次に進みます。
  4. Servo Assignment(サーボアサインメント:サーボポート割り当て)
    受信機のポートにお好みのチャンネルを割り当てることができます。
    この例では受信機のポート1番から順に 左エルロン、左フラップ、右フラップ、右エルロン・・・と割り当てていますが自由に変更が可能です。
    また、この例では先ほどファンクションに追加したP6が消されていることにもご注意ください。このファンクションは後ほどミキシングの親チャンネルとして使用します。
    入力したらF5(Next)を押して次に進みます。
  5. 画面が図のようになり、「モデルを作成して良いか」との確認が入ります。
    ここでF5(Yes)を押すことでモデルが作成されます。
    作成後に、受信機とのバインドを行ってください。
  6. Model > Servo Setup(サーボセットアップ)
    リバース設定、サブトリムなどサーボの調整設定を行ってください。
    通常フラップに関しては、図のようにCenter(Subtrim):サブトリムでフラップニュートラルの設定を行う必要があります。
    以上で基本モデルの作成は完了です。
    続いて、さらに細かく設定を行っていきましょう。
  7. Fine Tuning > Flight Modes(フライトモード)
    フライトモードを作成します。ここではスタイルに合わせてフライトモードを作成してください。フライトモードはF1/F2で上下に移動出来、優先順位を設定することが可能です。図ではランディング、ランチモードを高優先とし、他のスイッチが入っていてもこのスイッチを優先するように設定しています。
    また、1つは規定モードとなり他のモードが有効でない場合のデフォルトモードとして使用されます。(図ではサーマルモード)
    この例では、Sa(3ポジション)/Se(3ポジション)を使用しました。
    この後の各セッティングは、その設定を行う時に選択されているフライトモードに対する設定となります。
    フライトモードは画面の一番上に常に表示されます。
  8. Fine Tuning > Digital Trim(デジタルトリム)
    この画面ではトリムの機能をカスタマイズします。
    JETI DUPLEX送信機はトリムを3ポジションスイッチ(センターポジションがあるスイッチ)に振り替えることができます。この例では3ポジションに変更したSbを使用しています。
    ここではコンポジットで翼のねじれもないことから一般のトリム(1行目から4行目)を全て無効にしています。
    また、Sbに割り当てたエレベータートリムのモードがF[A]になっています。
    これは、フライトモードグループ間(この例ではA)で共通のトリムを使用する設定です。
  9. Fine Tuning > Flight Mode Trim(フライトモードトリム)
    ここではフライトモード毎のキャンバーをセットしていきます。
    画面の例ではサーマルモードのキャンバーをセットしています。
    [S]のマーク:セパレート設定(フライトモード別設定)
    [G]のマーク:グローバル設定(フライトモードに関わらず共通の設定)
    にもご注意ください。
  10. Fine Tuning > Dual Rate/Exponential(デュアルレート/エクスポネンシャル)
    お好みのフライトスタイルに合わせてデュアルレート/エクスポネンシャルの設定を行ってください。ここでもフライトモードに合わせた設定とするか、共通の設定とするかを[S]/[G]のマークで選択されていることにご注意ください。
  11. Fine Tuning > Aileron Differential(エルロンディファレンシャル)
    ここではエルロンディファレンシャルの設定を行います。一般的には高速で飛行するモードではディファレンシャルは小さく、低速飛行時にはディファレンシャルを大きくとって、エルロンダウン方向をアップ方向に比べて小さく(概ね50%程度)するようにしますが、フライトモード別に毎回着陸して適正な値を再調整すると非常に時間がかかります。
    JETI DUPLEX送信機では、プロポーショナル入力デバイスを使って飛行中にこの値を調整することができます。
    図の例では、P8で50%の範囲で微調整を可能にしています。画面下のカッコ内の数字が実際のディファレンシャルの数値になっています。
    飛行させながらP8を操作して最適な値を見つけたら、F3(Apply)を押すとそのディファレンシャル値が該当のフライトモードに割り当てられ、以後のP8を動かしても値は変更されないよう安全措置も施されています。
  12. Fine Tuning > Butterfly(バタフライ)
    ここでフラップ作動時のバタフライ動作設定を行います。図では一般的な例として、バタフライ動作のコントローラーにスロットルスティックを割り当てています。

    Aileron./Flaps Adjustment(エルロン/フラップアジャストメント)
    Elevator Adjustment(エレベターアジャストメント)
    それぞれフルブレーキ時の各動翼の基準動作量を設定してください。
    エルロンのマイナス数字は上側への移動量を表しています。

    Tuning(チューニング)
    エルロンディファレンシャルと同様に飛行中の調整が可能です。
    画面の例では、P5(右横スライダー)を調整用コントロールとして割り当てています。エルロンディファレンシャルの場合と同様、各動翼毎に調整範囲を設定し、飛行中に調整を行うことができます。

ミキシング調整

JETI DUPLEX送信機には、規定のミキシングメニューはありませんが、Fine Tuning > Free Mixers(フリーミキサー)で非常に自由度の高いミキシングを作成することができます。
引き続きF3B競技機の設定を例に見て行きましょう。

  1. エルロン→ラダーミキシング
    特にサーマルモードで有効になるミキシングです。設定は非常に簡単で、親チャンネルと子チャンネルを指定し、ミキシング量を設定するだけです。
    今回の例ではこのミキシングの有効範囲を[S](セパレート)にしています。
    他のフライトモードでは、違った値を指定することでフライトモードに合ったミキシングを設定したり、無効にしたりすることができます。
  2. スナップフラップ(エレベーター→フラップミキシング)
    このミキシングはスピードモードのタイトターンを可能にします。この効果はエレベーター→フラップミキシング、およびエレベーター→エルロンミキシングを設定することでさらに有効になります。
    このミキシングの特徴は、カーブミキシングのタイプで”X<0”のタイプを選択し、エレベーターダウン時のミキシングを無効にしています。
  3. エルロン→フラップミキシング
    エルロンからフラップにミキシングをかけて全翼エルロンのような動作を行うことができます。
    この例の特徴は、ミキシングカーブに3ポイントカーブを利用して、エルロン大舵角時のミキシング量を調整している点です。
  4. 飛行中のキャンバー調整
    ここではモデル設定の時にファンクションアサインメントで追加作成したP6を使って、飛行中にキャンバーを変えるミキシングを作ります。
    作成方法は非常に単純で、図のように、P6→エルロン、P6→フラップの2つのミキシングを追加するだけです。カーブの設定は必要ありません。
    このミキシングの有効範囲は[G]グローバル(全フライトモード共通)としました。

ここまでで競技機として必要とされるほぼ全ての機能がセットアップできました。それでは最後にタイマーと表示画面を作ってみましょう。

タイマーと表示画面

  1. Timers/Sensors > Timers(タイマー)
    ここではDistance(ディスタンス)とTermal(サーマル)、2つのタイマーを作ります。
    両方ともカウントダウンタイマーですので、Initial value(イニシャルバリュー:初期値)のみをセットします。
    [Initial value]が[Target value]より大きい場合はカウントダウンタイマーになります。
    双方ともに独立したスイッチを割り当てることで、それぞれのタスクごとのカウントダウンタイマーを使用できます。

  2. Timers/Sensors > Displayed Telemetry(ディスプレイドテレメトリー)
    この画面では、メインスクリーンに表示する項目をご自由に選択することができます。Double(ダブル)をYesにすると表示サイズを大きくすることが可能です。1画面に情報が入りきらない場合はF2[前ページ]/F3[次ページ]で画面を切り替えることが可能です。(画面切り替えに送信機のジャイロ機能を使用してモーションによる切り替えを行うことも可能です)