stellar x1000

ステラ X1000

フレームタイプ 同軸X8型 折りたたみ式
直径 800mm
重量 4,284g (バッテリーを除く)
素材 カーボン、アルミ6016-T6
推奨離陸重量 10Kg
動力用電池 6セルLiPo
耐風性能 10m/s
飛行時間

10分〜15分(18000mAh)

対応送信機

JETI、Futaba、JR、SRXL

※ 飛行時間はバッテリーの性能に加え、バッテ

      リーの充放電サイクル、経年劣化、気温風速

      などの環境、及び搭載物の重量によって変化

      します。


独自開発というアドバンテージ

ステラ X1000は、台湾企業と弊社の協力の下に開発された完全独自開発のマルチコプターです。日常の使用における疑問点や設定方法、さらに最も重要な安全性の確保において大きなアドバンテージを提供します。

OEM開発も受託します

オリジナル機体を既にお持ちの方や、独自製品の開発をお考えの方はぜひご相談を。

独自開発のオートパイロットですので、様々なご要求に柔軟にお応えすることが可能です。

オートパイロットの設計はもちろん、様々な回路の設計生産フライトプラン作成ソフトの作成設定用U/Iのカスタマイズ、さらにはGCS(グランドコントロールステーション)の設計生産など、非常に幅広いお手伝いが可能です。

開発業務をアウトソーシングすることで、費用と時間を大幅にカット出来ます。


主な機能

  • 8組のプロペラを4軸に同軸配置しました。このことにより耐風性能の向上とモータートラブルの際の安全性も確保しています。
  • Mission Planner (ミッションプランナー)のプロトコルに対応、作成したミッションに従い完全自動飛行が可能です。
  • GPSモード時には下記の拡張機能を使用したフライトが可能です。
    • 目標点を中心に円周を描きます。機首は常に中心をポイントするモード
    • 機体の向きに関わらずコントローラーの動き通りにフライトするモード
    • 操縦者を中心としてフライトし、操縦者に近づくと着陸モードになるモード
    • 自動的に離陸地点に戻り自動着陸するモード
  • フライトレコーダー機能により、フライト中の全ての情報を自動的に記録します。
    JETI送信機をご利用の場合は、送信機本体にも情報をログします。
  • 設定ソフトはもちろん完全日本語対応。パソコンだけではなく携帯電話(iPhone / Andoroid)からのブルートゥース無線設定も可能です。

標準仕様の設定ソフト


ソフトウェアダウンロード

ステラ X1000のオートパイロット、ジュピターJM-1の最新ファームウェア、及びWindows用のセットアップアシスタントソフトは下記からダウンロード出来ます。

 

Jupiter JM-1 Firmware Updater V1.2.26

JM-1のファームウェア(本体に内蔵されているソフトウェア)をアップデートするためのソフトウェアです。

  1. ダウンロードしたファイルを実行するとファイルが自動的に解凍されます。
  2. Jupiter JM-1 Firmware Updater Vx.x.xx.exeというファイルを実行してアップデートを完了して下さい。

Jupiter JM-1 Installer V1.2.83

Windows用セットアップソフトです。

  1. ダウンロードしたファイルを実行するとファイルが自動的に解凍されます。
  2. Jupiter JM-1 Installer Vx.x.xx.msiというファイルを実行してソフトウェアをインストールして下さい。

取扱説明書


動画ギャラリー

ステラ X1000の組立