M Vario2 EX

気圧バリオセンサー

¥15,130

¥13,610

  • お届け日数:1~3日1
重量 5g
寸法  5 x 16 x 7 [mm]
解像度 10 cm
昇降誤差 ±5 cm
測定範囲 450〜1100 hPa
動作温度 -10°C 〜 85°C 
定格電圧 3.2V 〜 8.4V
消費電流 15mA [平均]

気圧センサーを用いて気圧、絶対/相対高度、昇降速度(Vario)、温度を測定します。

 

DUPLEXシステムで使用することにより、テレメトリーセンサーで得た機体の情報をリアルタイムに表示する他、テレメトリーの値に応じてアラームを設定することができます。

 

さらに一定の値をしきい値にして仮想スイッチのON-OFFにしたり、レンジを決めて仮想プロポーショナルコントロールとして利用することも出来ます。

 

主な機能

  • 高度、大気圧、温度を高い精度で測定します。
  • 比類のないスピードで正確に昇降率をセンシングします。
  • 受信したテレメトリーデータは、DUPLEXシステムで様々に活用が可能です。
  • 2ポートのエクスパンダーポートを(拡張ポート)を備えており、追加センサーを2個まで接続できます。
  • MSPEED EX(スピードセンサー)と一緒に使用することで、速度補正によるさらに正確な昇降センシングが可能です。
  • FAIルールに準処、F5J、ALES(Alutitude Limit Electric Soaring)カテゴリーの高度リミッターとして使用可能です。
  • DUPLEX、EXBusに完全対応。送信機から簡単に無線設定を行えます。
  • 別売りのUSBアダプターにより、ファームウェアアップデートが可能です。いつまでも最新のシステムとしてご利用いただけます。

最新ファームウェア

気圧バリオセンサーMVario2のファームウェアは下記からダウンロードできます。

アップデートには別途

USBアダプター  or JETI BOX Profiが必要です。

 

MVario2 V1.08

一般用のファームウェアです。

通常はこちらをご使用下さい。

MVario2 J5J V. F1.03

FAI F5J 競技用ファームウェアです。

ご使用にあたっては取扱説明書をよくお読み下さい。

 

ファームウェアのアップデート方法


取扱説明書